事業内容

医薬品事業

当社は、お茶の水女子大学ヒューマンウェルフェアサイエンス研究教育寄付研究部門(室伏きみ子名誉教授)および東邦大学薬学部(加藤文男名誉教授)の知的財産を特許化し、 医薬品開発を進めております。世界における人口の高齢化現象に伴い、変形性関節症、癌、感染症などの領域における患者数がますます増加傾向にある現状をふまえ、こうした領域にターゲットを絞り、新規低分子化合物の研究開発を進めています。

医薬品事業

化粧品事業

cPA(環状ホスファチジン酸)が生体内において、ヒアルロン酸産生増強などにより、 保湿、ハリのすぐれた性質を示すことから、化粧品事業においても原料提供、製品の開発・販売ともに事業を展開しています。 原料提供としては国内外のメーカーと協業契約を締結。製品は、会社設立後間もない2008年7月に、cPA(環状ホスファチジン酸)配合化粧品(化粧水、乳液、美容液)を発売開始。以来、多くのお客様に愛用されています。

医薬品事業

事業内容

医薬品事業

変形性関節症治療剤環状ホスファチジン酸

熱ショック蛋白質誘導剤ステリルグリコシド

感染症治療剤マクロライド抗生物質

抗癌剤テリン化合物(低分子有機化合物)

化粧品事業